TOP NEWS EVENT 「Philippe Weisbecker Inside Japan フィリップ・ワイズベッカーが見た日本」展 竹中大工道具館にて

EVENT

「Philippe Weisbecker Inside Japan フィリップ・ワイズベッカーが見た日本」展 竹中大工道具館にて

2021年2月13日(土)~5月9日(日)、竹中大工道具館で、「Philippe Weisbecker Inside Japan:Carpentry Tools, Architectures, Daily Items フィリップ・ワイズベッカーが見た日本―大工道具、たてもの、日常品」展が開催される。

目黒区 | 2020 ©宮本敏明

日常の風景の中にある何気ないものを、独特な感性で描くフィリップ・ワイズベッカー氏。今回は彼が日本滞在中にみつけて描いた作品が展示される。車留めや立ち入り禁止のために道路に置かれるバリア標識、トラックや建物、畳敷きの和室、ゴミ箱、日常の道具から大工道具に至るまで、さまざまなモチーフがずらり。また、パリにあるアトリエを氏自ら案内する映像、制作のノート、日本から持ち帰ったお気に入りの道具なども、氏のアトリエから日本に。ワイズベッカー氏の目線で描いた、日本のさまざまな姿をぜひご一覧を。

フィリップ・ワイズベッカー ©宮本敏明

イベント情報
イベント名Philippe Weisbecker Inside Japan:Carpentry Tools, Architectures, Daily Items フィリップ・ワイズベッカーが見た日本―大工道具、たてもの、日常品
日時2021年2月13日(土)~5月9日(日) 9:30〜16:30(入場は16:00まで)
場所 竹中大工道具館1Fホール>>> Googlemap
参加費・入場料一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円(常設展観覧料を含む)
その他休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)※開館時間を変更している可能性があります。

EVENT

21.01.24 SUN 09:30

- RELATED POST -関連する記事